セットバックとは…

2016.08.25

図面のこと

セットバック:セットバック/二項道路ともいう

建築基準法で定められた道路は原則として幅が”4m以上”であることが求められ
都市計画区域・準都市計画区域内では、道路に2m以上接する敷地でなければ
建築が認められないことになっている。
※但し、土地の状況などによりやむを得ない場合には、特定行政庁が建築審査会の同意を受けた上、
例外的に”2.7m以上4m未満”
の水平距離を指定することが出来ます。

       セットバック

左側の図は、敷地購入時の面積です。
しかし、敷地に隣接する道路幅が4m未満なのでセットバックをする必要があります。
セットバックした図が右側になります。
道路の中心から2mの場所までを道路とする為、自分の敷地ではなくなります。
要するに、自分の敷地が狭くなるということです。
セットバックをした時点で後退した敷地部分は道路とみなされるため
立ち上がるもの=塀・擁壁等は施工してはいけません。

また、道路の向かい側が建物ではなく、川や崖・水路だった場合…
セットバック2
向かい側における現状の道路から4mの場所まで一方的に敷地の後退をしなければなりません。

道路が狭ければ狭いほど後退し、敷地が狭くなる場合もございます。
新たに土地を購入する際には、セットバックの有無に注意をしてください。

PAGETOP